Home → 2019 summer, since 2009-12-01

2019 夏

5 June 2019

  1. Prev:
  2. 先月FTP4.5w/kgに到達したものの、また伸びたかもしれない。ペダリングスキルが上達したと思われるからだ。トルク感ゼロで230wを出せるようになった。
  3. 「座りながらダンシングする技術」+「上半身をうねらせてそれを増幅する技術」。これに加えて「荷重移動」を使って細いトルクでパワーをひねり出していたが、さらに今回、それらを統合する「バランス感覚」を身につけたところで、何かが開花した。
  4. 感覚としては、「踏み込む」という動作を最後の手段と考え、全身運動でパワーをひねり出していく。ケイデンスが上がるほど全身運動としてのパワーではなく脚力に依存しやすくなるため、その点に全神経を集中させながら、徐々にパワーを上げていく。一気にパワーを上げたいときは思い切った荷重移動、またはダンシングを一瞬だけ使用してケイデンスを上げ、後は同じ。
  5. このペダリングの良いところは、何より楽しいこと。きついとか辛いとか苦しいとかがなく、力みなぎる感覚だけがある。去年までもこの力みなぎる感覚を覚えることは幾度となくあったが、今回その本質を掴んだといえる。
  6. あともう10wくらいVO2maxを上げることができれば、5.0w/kgも夢ではないのかもしれん。もう来年は四捨五入して50歳になる年だ。40台前半のうちにFTPの開発は終えておきたいところ。
  7. 通勤で平地無風なら巡航速度38km/hを下回ることがなくなった。

7 June 2019

  1. コストコで買うものメモ。①MCTオイル、②コーヒー豆(KIRKLANDシグニチャのハウスブレンド)、③チーズ類(いろいろ)

12 June 2019

  1. 富士ヒル1:15:30。足は残っているのに心臓が不調。急激な心拍の上昇とともに気分が悪くなる現象が頻発。騙し騙し4倍ギリギリをキープするように走るしかなく、本当につまらないレースだった。くっそ寒かったし。
  2. 富士ヒルの1週間前くらいからこの症状が現れていて、平常時の血圧も普段より15mmHgくらい高く、収縮期130mmHgくらい。
  3. それでもシルバーリングを獲れなかったのは誤算もいいところ。5km刻みのタイムを見ながら管理していれば、もう少し出力を上げることはできたのに、4倍出してれば何とかなるかな、と適当に走ってしまったのが真の原因。Edgeに走行距離は表示していたが、走行時間が表示されていなかった。間抜け。後悔しきりだがまあ、心臓大事だからそれはそれでいいや、と。
  4. 今回Gグループ(第7ウェーブ)ということだったが、それでもやはりペースが遅すぎだった。後ろに何千人いたのか知らんが、俺を抜いていった方はたったの3人しかいなかった。終始ほぼ単独走で、追い抜くために強引なラインを走らされた。もうちょっと速いペースのグループで走ることができれば違ったとは思う。
  5. しばらく食事に気を使って塩分控えめにしてみる。

13 June 2019

  1. 昨日久しぶりに筑波山に自走で行った。心臓がポンコツかどうか確認するためなので、行きも帰りもテンポ走以上で走った。
  2. とりあえず大丈夫そうで一安心。ツール・ド・つくばのコースを280wで走ることができた。30分を280wで走れたのは初めてかもしれない。
己自身を知れ